Quantcast
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 2581 to 2600 of 17020)
(showing articles 2581 to 2600 of 17020)


Channel Description:

「ウェブ担当者や制作者、ウェブマーケターが語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題を解決できる”ような場所が日本にはない」そういうウェブワーカーの声に応えるために、インプレスビジネスメディアがお届けするウェブサイト関連の総合的な情報リソースが「Web担当者Forum」です。

older | 1 | .... | 128 | 129 | (Page 130) | 131 | 132 | .... | 851 | newer

    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    デジタルパフォーマンス広告のCriteo(クリテオ)は、モバイルデバイスにおけるEコマース消費者動向レポートである「Mobile Flash Report」を6月25日発表した。レポートによると、世界のEコマース総売上の66%はAndroidタブレットとスマートフォンが占めていることが分かった。また、モバイルクリックの70%以上は、小売、旅行、自動車、クラシファイド広告(個人広告を集めたWebサイト)が占めていた。また、モバイルクリックの90%以上は、北米、アジア太平洋地域、西欧で発生していた。調査はCriteoの広告を見たインターネットユーザーのインターネットブラウジングと消費行動を対象に行った。

    CTR(クリック率)は、大半の業種でPCよりもモバイルのほうが高く、Androidデバイスの平均CTRはPCの約2倍となっている。Androidデバイスのもたらす売上は、世界的にはiOSよりも多いものの、米国と欧州ではiOSがAndroidを上回っていた。日曜日には、デスクトップからの売上が10%下落している一方で、iPadから購入する確率は16%上昇している。このことから、モバイルデバイスはデスクトップの利用を補完し、それを上回る売上をもたらしていることも分かった。モバイルデバイスでの平均購入額が大きい分野は「ホテルの予約」が364.8ドル、「レンタカー」が209.1ドル、「アパレル」が105.3ドルだった。

    Criteo
    http://www.criteo.com/jp/

    Mobile Flash Report
    http://www.criteo.com/en/mobile-flash-report-incremental-marketing-oppor...

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:Criteo、モバイルデバイスのEコマース消費者動向レポートで総売上の66%はAndroidタブレットとスマートフォン [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    インプレスグループでIT関連メディア事業のインプレスビジネスメディアは、電子書籍の動向を調査し、電子書籍の市場規模の推計結果を6月24日発表した。調査によると日本の2013年度の電子書籍市場規模は前年比28.3%増の936億円で、電子雑誌市場77億円と合わせた電子出版市場は1013億円となった。2014年度以降も電子書籍市場は成長を続け、2018年度には2790億円程度と予想している。調査は「通信事業者」「出版社」「電子書籍ストア」「取次事業者」「ポータルサイト」「コンテンツプロバイダー」などの主要電子書籍関連事業者へのヒアリング調査とユーザーへのアンケートなどを分析した。調査結果は「電子書籍ビジネス調査報告書2014」として7月17日に発行する予定。

    2013年度のスマートフォンやタブレット、電子書籍専用端末などの新しいプラットフォーム向け電子書籍市場は2012年度から421億円(114.4%増)増加の推計789億円で、急速に拡大している。新プラットフォーム向け電子書籍市場は、全体の84.3%を占めていた。ケータイ向け電子書籍市場は市場が大幅に縮小し、2013年度は前年比60%減の211億円となった。電子雑誌は配信雑誌数や電子書籍ストアでの取扱いが拡大し、月額課金モデルのコミック誌の配信も始まっている。電子雑誌広告市場の形成による電子雑誌配信の本格化と合わせ、引き続き市場が拡大し、2018年度には550億円程度を予測。電子書籍と合わせた電子出版市場は3340億円になると予測している。

    インプレスビジネスメディア
    http://www.impressbm.co.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:インプレスビジネスメディア、電子書籍に関する市場規模の推計で電子出版規模は1000億円超 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱

    アプリケーションサービスのパイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」をバージョンアップし、新バージョン「1.11.7」を7月16日に提供開始する、と6月25日発表した。新バージョンのβ版は6月25日に受付を開始している。新バージョンはスパイラルを利用するユーザーからの要望を中心に2件の機能改善と6件の不具合修正、1件の仕様変更を行い、業務オペレーションの利便性を向上した。

    新バージョンは、従来の「集計表・グラフ機能」を強化。これまで「再集計」ボタンをクリックして最新データを反映していた手間を省く「自動再集計」を搭載した。スパイラルのメールコンポーネントの配信効果測定機能の1つ「クリックカウント」を設定する際に自動生成するURLタイトルの仕様を変更し、重複を回避するようにした。仕様変更により、抽出ルールを多数定めて同日に複数のメールマガジンを送る場合も、これまで発生していたURLタイトルの書き換え作業がなくなるため、利便性が向上する。

    パイプドビッツ
    http://www.pi-pe.co.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:パイプドビッツ、情報資産プラットフォーム「スパイラル」の新パージョン「1.11.7」を発表 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    「最新事例に学ぶデジタルマーケティングの革新」や「ECサイトのデジタルマーケティング施策」といったWeb担当者向けのトピックを含む大規模カンファレンス「富士通フォーラム2014名古屋」を、富士通が7月24日(木)と7月25日(金)に名古屋観光ホテルで開催する。

    特別講演3コマ、セミナー27コマ、さらに展示会場も含めた大規模カンファレンスで、Web担当者向けのセッションとしては、次のようなものがある。

    • 最新事例に学ぶ、デジタルマーケティングの革新
      Webサイト活用による「個客」の心を惹きつける仕組み

      7月25日(金)13:20~14:10

      Webサイトのアクセス者の行動や属性から、一人ひとりのニーズに合わせ、「これでいい」から「これがいい!」というブランド愛着を育むコツを、パーソナライゼーションを活用した国内外の事例を交えて紹介。

    • リアル店舗・セールスを活性化するECサイト×デジタルマーケティング施策
      オムニチャネル戦略の実践

      7月25日(木)11:20~12:10

      リアル店舗や対面でのリアルセールスなどのオフライン事業を活性化させる施策の中核製品としての「SNAPEC-EX」とそのオプション製品を紹介。

    その他、セミナー一覧は申し込みページで確認できる。

    ■開催概要

    • イベント名:富士通フォーラム2014 名古屋
    • 開催日時: 2014年7月24日(木)13:00~18:00+25日(金)9:30~18:00
    • 開催場所:名古屋観光ホテル
      名古屋市中区錦1-19-30
    • 参加費:無料(事前申しこみ制、7月18日締め切り)
    • 主催:富士通株式会社
    • 詳細情報と申しこみ:http://forum.fujitsu.com/2014/nagoya/
    この記事の筆者

    安田 英久(やすだ・ひでひさ)

    株式会社インプレスビジネスメディア
    Web担当者Forum 編集長

    プログラミングやサーバー、データベースなどの技術系翻訳書や雑誌『インターネットマガジン』などの編集や出版営業を経て、現在Webサイト 「Web担当者Forum」編集長。ビジネスにおけるWebサイトの企画・構築・運用と、オンラインマーケティングの2軸をテーマにメディアを展開してい る。

    個人としては、技術とマーケティングの融合によるインターネットのビジネス活用の新しい姿と、ブログ/CGM時代におけるメディアのあるべき姿を模 索し続けている。趣味は素人プログラミングと上方落語と南インドカレー。

    Google
    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:「最新事例に学ぶデジタルマーケティング」などの講演を含むイベント「富士通フォーラム2014名古屋」7/24+25開催 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 2.5

    この記事は、ネットショップ担当者フォーラムで公開された記事を、許諾を得てWeb担当者Forumで転載したものです。

    米国EC市場で売上高20億円目指すハミィ、欧州にも進出しグローバル展開に挑む

    スマホ用グッズのECやEC事業者向け業務管理システムを提供するハミィは今春、米国市場でのECに本格参入する。このほど米国カルフォルニア州に事務所と併設した物流倉庫を設置。これまで日本から米国に商品を発送していた体制から、米国内から消費者に商品を届ける体制に切り替えた。米国での売り上げは順調に広がっているようで、5年後には米国向けのEC売上高を20億円まで引き上げる考え。ハミィは欧州にも進出しており、創業から今も拠点を置く「神奈川県小田原市」発のグローバル企業を目指す。

    米国向けEC事業の規模は現在1.5億円

    昨年12月の月商は5000万円まで高まった。米国内でのECの感触はとてもいい。5年程度で20億円規模を目指したい。

    スマホ用グッズのECを手掛けるハミィは昨年5月、米国法人を設立。昨年から現地法人の指揮を執る小俣勇次・ハミィ副社長は、米国EC市場における感触をこう説明する。

    小俣氏は、1999年に家電量販のノジマにて取締役DB推進室長として「いーでじ!」の立ち上げに携わり、楽天市場初となる月商1億円を達成。同サイトを運営するノジマ子会社のイーネット・ジャパン(現在はノジマ)社長を経て、楽天にてECコンサルタントとして活躍。現在はハミィの取締役副社長として経営に携わっている。

    米国ハミィの責任者で、ハミィの取締役副社長の小俣勇次氏

    ベテランショッパーとして名を馳せている、ハミィ取締役副社長で、米国ハミィの責任者でもある小俣勇次氏

    ハミィは2001年3月から、「Strapya World」という英語圏向けのECサイトを運営しており、13年4月期における海外向けEC事業の年商規模は約1億5000万円。2011年開設の「Strapya World Amazon」は米国向けのアマゾン店で、開設後6カ月で月商100万円を突破した店舗だ。

    小俣副社長は米国EC市場における重点店舗は、「自社サイト、アマゾン、ebay」と説明。米国法人ではアメリカ人を3人採用。現地スタッフがアマゾン店、「ebay」店、自社サイトの運営を担当している。

    これまでハミィは、日本から米国の購入者に商品を送っていたため、米国内の同業と比べて配送料を含めると割高になっていた。この経営課題を解消するため、米国カルフォルニア州に事務所併設の倉庫を開設。一部商品は日本からの配送になるが、米国で製造された商品は米国倉庫に直接納入するなどして、4月21日から米国内からの商品配送を始めている。

    従来、日本から米国に商品を送るには1000円超の送料がかかっていたが、米国内に倉庫を構え、USPS(アメリカ合衆国郵便公社)を使うことで配送費用は500円まで圧縮。米国ユーザーから見ると、配送コストが圧縮された分、従来よりも手ごろな価格で購入することができる環境になった。これにより、米国の競合企業と同じ土俵で戦える環境となり、さらなる事業規模拡大に向けた準備が整った格好だ。

    アマゾンに真似られるリスクを減らし、自社企画製品でヒット狙う

    ハミィは米国の他、昨年11月から、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインといった各欧州地域で事業展開しているアマゾンに出店。英語でサイトを構築し、売れた商品は日本から商品を配送している。各海外でのアマゾンへの出店はテストと位置付けているが、「いま最も力を入れているのは米国のアマゾン」と小俣副社長は説明する。

    米国と日本では売れ筋は異なるようで、「キャラクターグッズの売れ行きがいい。アマゾンではスマートフォンケースなどが売れている」(小俣副社長)という。

    ハミィが運営する米国市場向けの海外ECサイト

    ハミィが運営する米国市場向けの海外ECサイトは2001年3月に開設された

    世界各地のアマゾンに出店しているハミィだが、危機感も抱いている。アマゾンは出店店舗の販売状況を把握し、売れている商品を自社の直接販売部門で取り扱うケースが多発しており、こうしたアマゾンの手法に警戒感を抱くEC事業者は多い。このアマゾンの販売手法は、日本以外の各海外のアマゾンでも同様のようだ。小俣副社長は今後、米国のアマゾンを中心に売上高を伸ばしていくには、「商品力を強化しなければならない。自社オリジナルのヒット商品を作る必要がある」と課題を上げる。現在、日本のハミィにおける自社企画商品の割合は4割まで高まっており、米国ハミィでもオリジナル商材の拡販に注力する方針。

    米国では、複数店舗の業務を一元管理するツールなどを提供するプラットフォーム「ネクストエンジン」の米国版の販売も計画。まずは米国ハミィが、米国の楽天、グル―ポンなどに出店し、多店舗展開を進める。米国のモールへの出店を重ねてノウハウを蓄積、現地企業やこれから米国市場に足を踏み入れたいEC企業のEC運営をサポートする業務も手掛ける計画も着々と進めている。

    オリジナル記事はこちら:米国EC市場で売上高20億円目指すハミィ、欧州にも進出しグローバル展開に挑む(2014/05/22)

    ネットショップ担当者フォーラム
    ネットショップ担当者フォーラムについて

    ネットショップ担当者フォーラムでは、ECサイトを運営する企業の経営者や運営担当者、制作者が語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題が解決できる”を目指したメディア運営をしています。

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:米国EC市場で売上高20億円目指すハミィ、欧州にも進出しグローバル展開に挑む [ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    Warnning: Do NOT Get Caught While Searching!!
    Your IP : - Country : - City:
    Your ISP TRACKS Your Online Activity! Hide your IP ADDRESS with a VPN!
    Before you searching always remember to change your IP adress to not be followed!
    PROTECT YOURSELF & SUPPORT US! Purchase a VPN Today!
    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 4.5

    優れた顧客体験を提供するには、データドリブンマーケティングとコンテンツマーケティングの2つを組み合わせて実行しなくてはならない。データ分析をもとにコンテンツを最適化するというサイクルを回すには、両者を組み合わせた「データドリブン・コンテンツマーケティング」という考えが役立つ。そのためには3つのポイントがあると、アドビ システムズの国和 徳之氏は説明する。

    データドリブン&コンテンツマーケティング

    アドビ システムズ 株式会社
    マーケティング本部
    プロダクトマーケティングマネージャー
    国和 徳之氏

    コンテンツをお客様にとって価値のあるものにするには、どうしたらよいかというヒントになる話をしたい。

    ユーザーの体験価値を高めることは、企業にとって重要なミッションだが、実際に何がポイントで、何をすればいいのか、よくわからないというのがWeb担当者の現状だろう。国和氏は、製品やサービスがいいなと感じてもらえる「体験」をさまざまな「チャネル」を通じて提供することで、「ブランド」の力を強化できると説明を始める。

    ここでポイントとなるのは、データドリブンマーケティングとコンテンツマーケティングの2つの言葉を組み合わせた「データドリブン・コンテンツマーケティング(DDCM)」という考え方だ。国和氏は、このDDCMによってユーザーの体験価値を高めるための考え方について説明を続ける。

    Webサイトには、1つのページに万人に受け入れられるようなコンテンツを載せようとしがちだが、特定の人に響くような「刺さる」コンテンツを提供するほうが理想的だ。特定の人に響くコンテンツを制作し、そのコンテンツに対してどのような反応があるのか仮説を立て、検証のためのデータ分析を行い、コンテンツの改善に努めるというサイクルを回すことが重要となってくる。このデータとコンテンツというサイクルを回していくことが、DDCMの基本的な考え方だ。

    データドリブンの意識を全社で共有する

    しっかりと仮説を立てて、その仮説が正しいかどうかを検証するというゴールがなければ、分析だけを行っても意味がない」と話す国和氏は、分析する人とコンテンツを作る人が密接に連携して、どのような訴求をし、どのような行動を起こさせたいか、それをどうやって分析するかを考えることが重要だと話を続ける。

    また、限られたWebサイトのスペースのなかで、自分の勘だけで1つのコンテンツを選ぶのではなく、A/Bテストなどを行って「ユーザーに選んでもらう」こともDDCMでは必要な考え方だ。しっかりとしたテストを行えば、コンバージョン率を21%向上(Adobe 2013 Digital Marketing Optimization Surveyの調査結果)できると国和氏は話す。また、さまざまなチャネルのデータをもとにペルソナを想定しておけば、サイト指標を20~50%も向上(フォレスターの調査:The ROI Of Personas)できるという。

    さまざまな分析を行うことで、「属性」「訪問間隔」「興味」「反応」「ニーズ」「利用デバイス」などを数値で知ることができ、新たな次のアクションが行えると説明する国和氏は、「担当者1人が頑張るのでは成り立たない。会社として取り組んで、さまざまな部署の人がデータを使ってマーケティング活動を改善していく意識を持って協力し合わなければならない」と話す。

    アドビでは、このような組織を「データドリブン型組織」と名付けており、組織作りに必要な要素を説明したホワイトペーパー「データドリブン型組織を作る6つの要素」を公開していることを国和氏は明かした。

    コンテンツマーケターがチームをまとめる

    次のポイントは、どのようなコンテンツを作るかだ。ユーザーごとに適切なコンテンツを提供してエンゲージメントを得ることが基本だが、そのためには、マーケターが分析したデータをもとに「適切なコンテンツとは何か?」と、知恵を絞らなければならない。また、コンテンツマーケティングを促進するには、コンテンツを作るクリエーターのほか、製品担当、広報、Web制作者、ライター、代理店などのさまざまなチームを取りまとめる「コンテンツマーケター」の役割が必要になると国和氏は説明する。

    「製品を知らない」「気になっている」「購買を迷っている」など、さまざまな顧客行動(カスタマージャーニー)によって提供すべきコンテンツが異なることも考えていく必要がある。たとえば、アドビのB2Bの事業では、カスタマージャーニーを企業の担当者、意思決定者、決裁者の3段階に分けるコンテンツ戦略を取っており、それぞれの企業のペルソナに応じたコンテンツを提供するようにしているという。

    コンテンツには、ITシステムの7階層のように、さまざまな階層があると説明を続ける国和氏は、たとえば動画コンテンツの場合は、次のように分けられると話す。

    動画コンテンツのマーケティング7階層

    このうち、前半の3つの層は「表現」にあたり、後半の4つは「手法」にあたる。マーケターは価値を伝える「表現」に集中したいもの。一方の「手法」は、一般的にはIT部門や代理店の役割になる。ただ現実には、何を伝えたいかという「表現」と、どうやって伝えるかという「手法」の部分を、チームで分業しつつ、1つのコンテンツとして組み立てていかなければならない。

    コンテンツ管理ではなく、エクスペリエンス管理という考え方

    そうやって制作したコンテンツを伝えるメディアには、テレビやPC、モバイルなどがあり、チャネルもWebやソーシャルなどさまざまだ。ユーザーは認知から購買までの過程で、どの「メディア×チャネル」の経路を通るかはわからない。どの経路でも適切な情報に接触してもらうために、国和氏は「1つのコンテンツに対し、伝送メディア×配信チャネルの順列組み合わせを用意する必要がある」と強調する。

    しかし、膨大なコンテンツそれぞれを適切なメディアとチャネルを組み合わせて配信し、効果的な反響を得るのは困難だ。また、反響を分析して修正をしたり、ターゲティングを決めたり、効率化していく必要もあるため、ツールやシステムなどの仕組みが必要となってくる。

    従来からCMSやWCMというツールもあるが、残念ながらマーケターがやりたいことを支援する設計にはなっておらず、システムの視点で作られているものが多い」と話す国和氏は、これまでのコンテンツ中心で作られてきたWebサイトをエクスペリエンス中心で考えていくべきだと説明する。

    コンテンツ中心からエクスペリエンス中心の考え方へ

    「コンテンツ管理よりも顧客に何を体験してほしいのかを考えたシステムが必要」という国和氏は、エクスペリエンス管理のためのシステムが登場してきていると話す。これにより、セグメント、デバイス、チャネルなどに対応し、データに基づいて最適化するサイクルを実現できるようになっているという。

    こうしたツールを使えば、マーケターは表現に注力し、訴求したいメッセージをタイミングよく、狙い通りの相手に適切な形で出すことができる。マーケター、IT担当、クリエーターなどが役割に応じて分業・協働を行い、手間を掛けずに膨大なコンテンツをさまざまなチャネルに適切に出すことができるようになるのだ。

    このエクスペリエンス管理を提供する「Adobe Experience Manager」では、マーケターはペルソナやメッセージなどの表現に、IT部門はコンポーネントやテンプレートなどの手法に注力し、コンテンツを多様な「メディア×チャネル」へ配信できる。しかも「Adobe Marketing Cloud」なら、コンテンツとデータの両輪をカバーしているという。たとえば、顧客の反応は「マスターマーケティングプロファイル」に蓄積し、そのデータは最適化に活用される。多様なチャネルで適切な顧客体験を提供することで、「個」客に沿ったコミュニケーションを実現できる、と国和氏は説明する。

    最後に国和氏は、「データとコンテンツは両輪を回す」「テストして最適化することが重要」「表現と手法で分業し、協働することが重要」というDDCMの3つのポイントを覚えてほしいと、講演をまとめた。

    アドビ システムズ 株式会社
    http://www.adobe.com/jp/

    Adobe Marketing Cloud
    http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html

    この記事の筆者

    野本幹彦

    IT系ローカライズ会社、IT関連雑誌記者を経て、フリーライターとなる。コンシューマから企業システム、ソーシャルアプリ、デジタルマーケティングまでの幅広い分野で記事を執筆。事例取材やインタビューを中心に、書籍、広報誌記事、Web記事などを手がけている。

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:コンテンツマーケティングとデータドリブンマーケティングを連動させる3つのポイント/アドビ システムズ [【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Spring] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 8.5
    タイトル画像:国内&海外SEO情報ウォッチ

    「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、
    国内と海外の検索マーケティング関連情報を
    さらっとまとめて毎週金曜日にお届けします。

    今週のピックアップ

    ネガティブSEOからサイトを守れ! 被害状況の監視法
    ★★★☆☆ウェブマスターツールを利用して事前に防御(Search Engine Roundtable)

    「ネガティブSEO」とは、第三者が悪意をもったスパムリンクを競合サイトに対して張ることで、競合サイトの検索順位に悪影響を与えること。

    グーグルは、ネガティブSEOが可能だということを認めていない。しかし、ネガティブSEOだとしか思えない順位下落が発生したり、手動対策を受けたりしているという声は、SEOの世界に根強く存在する。

    こちらの記事では、ネガティブSEOから身を守るための監視方法を説明している。

    やり方は簡単だ。

    1. グーグルウェブマスターツールの「サイトへのリンク」から定期的に最新のリンクをダウンロードする。
    2. もし見に覚えがない怪しげなサイトから大量のリンクが張られていることを発見したら、リンクの否認ツールで否認する。
    最新のリンクをダウンロード

    今のところ、ネガティブSEOをそんなに心配する必要はないと、筆者は考えている。それでもどうしても不安でしかたがないのであれば、この方法で事前に防御しておくのもいいだろう。

    日本語で読めるSEO/SEM情報

    新規公開ページの“SEO成功度”を調べる方法
    ★★★★☆ウェブマスターツールの「検索クエリ」を使(ウェブクルーSEOブログ)

    「新規に公開したページが、どんなキーワードでグーグルの検索結果に表示されトラフィックを生んでいるか」を、ウェブマスターツールの「検索クエリ」レポートを用いて評価する方法を解説した記事。

    ウェブマスターツールからダウンロードした検索クエリのデータを、コンテンツ公開前後で比較して、自分のサイトのページが検索結果に表示されたキーワードの増減を調べるという手法だ。

    新しいページが狙いどおりにうまく成果を収めているかどうかはもちろんのこと、コンテンツの拡充や修正などの追加作業の必要性も明らかになってくる。

    現場で働くインハウスSEO担当者が1年以上続けてきてその価値を感じている評価法だ。このコーナーの主な読者層であるウェブ担当者にあなたが該当するなら、運用に取り入れてみるといい。

    コンテンツ作りに必要な2つの動機
    ★★★★☆「評判」と「貢献」(SEO 検索エンジン最適化)

    住太陽氏が、物語風にSEOの本質を解説するシリーズものの記事を紹介する。

    今回のテーマは「SEOとコンテンツ作りと商売」だ。

    物語を通じて、次の2つの動機がコンテンツ作りには必要だと住氏はいっている(と筆者は解釈した)。

    • 評判
    • 貢献

    評判は、「このことならこの人に聞けばいい」という信頼と知名度を手にすることだと考えていいだろう。貢献は、「人々の役に立てているという充実感」を得ることだ。

    お金を儲けることを主体に考えてしまうと、どちらも興味をもてないことかもしれない。しかしこの2つを手に入れようと本心から取り組む姿勢が、コンテンツによるSEOの成功に必要不可欠だろう。

    ちなみにコンテンツなしで検索から集客したければ、広告を使うべきだとも進言している。

    しかし逆説的だが、住氏が言いたいのは、「コンテンツはすぐに商売には役立たないから、金儲けをしたいのならばコンテンツは気にせず、広告を使えばいい」ということではないだろう。

    検索エンジンは、検索ユーザーに価値を提供するページを検索結果に表示しようとする ―― 企業側が「売りたい」と思って作っているページではなく。

    だから、「人々の役に立つ」コンテンツを作っていくことが、今後は特に大切になるということなのではないだろうか。そうすることは手間と時間がかかることだが、結果として、評価され、共有され、まわりまわって商売に返ってくる。

    そうした構造を理解するのが大切なのであって、それが理解できないのならば、無理して“コンテンツ”を作るのは無駄だ、そういったことを住氏は伝えたいのではないだろうか。

    レスポンシブ・ウェブデザインの変更時のリダイレクトや再審査リクエストの詳細メッセージなどについてグーグル社員が解説
    ★★★★☆久しぶりのオフィスアワー(ウェブマスター オフィスアワー on Google+)

    グーグル日本のサーチクオリティチームが定期的に主催する、Google+のハングアウトオンエアを使ったオフィスアワーが久しぶりに開かれた。

    今回は次のような質問に金谷氏と長山氏が回答している。

    • レスポンシブ・ウェブデザインへの変更時に使うリダイレクトの種類
    • サイト移転時に一時的に発生するコピーコンテンツ
    • JSON-LDの利用方法
    • 再審査リクエストを拒否したときの追加の詳細メッセージ

    回数を重ねるごとに質問者のレベルも上がっているように感じる。今回も役立つ情報が多いので、参加していなければ録画を視聴しておこう。

    301リダイレクトしているのに検索結果にリダイレクト元URLが表示される理由
    ★★★★☆最も適切とグーグルが判断したURLが表示される(グーグル ウェブマスターツール向けヘルプフォーラム)

    リダイレクトを設定している際の検索結果でのURL表示について、グーグルの長山氏が公式ヘルプフォーラムで次のように説明した。

    Google は、複数の URL が同じリソースを指し示していると認識した場合、最も適切な URL を検索結果上に表示させるように努力しています。

    30x リダイレクトや canonical が存在していたとしても、そこで示されている URL が常に検索結果上に表示されるわけではありません。

    何が最も適切な URL であるかは時によって変化しますので、リダイレクトの変更などが認識され次第、表示される URL も変化する可能性が高いと思われます。

    通常、検索結果に表示されるURLは次のように決定される

    • 301リダイレクト利用時 ――リダイレクト先のURL
    • 302リダイレクト利用時 ―― リダイレクト元のURL
    • rel="canonical"利用時 ―― 指定したURL

    長山氏によれば、強制力がある301リダイレクトであっても、グーグルは必ずしもリダイレクト先のURLを表示するとは限らないようだ。

    英語版のオフィスアワーで以前に、ジョン・ミューラーも同様のことがありうると説明しているので確かなことなのだろう。

    不正なハッキングからサイトを守るTIPS
    ★★★★☆サーチクオリティチーム主催の#NoHacked キャンペーンより(Google Webmasters on Google+)

    グーグルのサーチクオリティチームは、「#NoHackedキャンペーン」と題したキャンペーンを実施した。サイトの不正なハッキングの問題を改めてウェブマスターに知ってもらうことが目的で、不正なハッキングからサイトを守るヒントを5回に分けて発信した。

     #NoHacked  キャンペーン

    筆者がSMX Advancedに参加したとき、米グーグルのサーチクオリティチームの社員と話す機会があった(マット・カッツ氏とは別の人)。「今いちばん多いスパムは?」という問いに「ハッキングだ」と彼は回答した。

    サイトのハッキングは世界規模で大きな問題になっているようだ。絶対に被害に会わないためにも、このキャンペーンを通じてハッキング防止への意識を高めておきたい。

    海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
    掲載記事からピックアップ

    筆者が参加したSMX Advanced 2014カンファレンスのセッションレポートを今週は2つピックアップ。

    海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ
    • パンダアップデート4.0にやられたのはCSSとJavaScriptをブロックしたせい?
    • たくさんのサイトで同じテンプレートを使いまわしても大丈夫か
    • グーグルがドメイン登録サービスを開始
    • 好きなミュージシャンの歌を検索結果から聴ける
    SEO Japanの掲載記事からピックアップ
    ※更新がなかったため今週はピックアップなし

    海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

    パンダアップデート4.0にやられたのはCSSとJavaScriptをブロックしたせい?
    ★★★★☆ページの表示に必要なリソースはGooglebotに自由にアクセスさせること(Yoast)

    パンダアップデート4.0を、グーグルが5月下旬に実施したが、このタイミングで、グーグル検索からのトラフィックが激減したサイトがあった。

    調査してみると、CSSとJavaScriptを手違いでブロックしていることが判明した。ブロックを解除したところ、ほどなくして検索トラフィックが元の水準に回復した。

    この結果から、CSSとJavaScriptをGooglebotがクロールできなかったことが原因となり、パンダアップデートによる被害を受けたのではないかと疑われた。

    しかしCSSとJavaScriptのブロックが直接の原因になったとは考えづらい。

    説明されている状況を読むと、CSSとJavaScriptをGooglebotが読み込めなかったため正常なレンダリングができず、広告がページの上部を専有してしまっていたようだ。

    ページをスクロールしないで見えるファーストビュー領域、いわゆるAbove the fold(アバブ・ザ・フォールド)が広告過多のサイトの評価を下げるアルゴリズムの影響を受けたとも考えられる。

    どのアルゴリズムによるものかはともかくとして、CSSとJavaScriptのブロックがトラフィック減少の引き金になった可能性は高そうだ。

    筆者が先日参加したSMX Advanced 2014で、グーグルのマイリー・オーイェ氏は次のように言っていた。

    コンテンツやレイアウトに重要な意味があるリソース(CSSやJavaScriptなど)に、Googlebotが正しくアクセスできるようにしておくことを推奨する。

    マイリー・オーイェ氏のスライド
    筆者が撮影した該当箇所のスライド

    Googlebotは、JavaScriptとCSSを解釈し、人間が使うブラウザが表示するようにウェブページを見ることができるようになっている。JavaScriptやCSSの取得をブロックしてしまうと、正常なクロールやインデックスを妨げコンテンツの正しい理解ができなくなってしまうかもしれない危険があることを認識しておきたい。

    ページの表示に必要なリソースは、Googlebotに自由にアクセスさせよう。

    たくさんのサイトで同じテンプレートを使いまわしても大丈夫か
    ★★★☆☆SEO的にはかまわないが顧客視点で見ると好ましくない(WebmasterWorld)

    テーマに共通点がある商材で、とてもたくさんのサイトを作るつもりだ。流れ作業のようにしたいので、基本デザインが同じテンプレートをどのサイトでも使いたい。

    検索結果に対して何か問題があるだろうか?

    こんな質問が、WebmasterWorldフォーラムに投稿された。

    SEOの観点だけから考えれば、同じテンプレートを使ってサイトを複数作ること自体に問題はないだろう。

    たとえば、WordPressのデフォルトのテンプレートを使ったブログがそれこそ星の数ほどウェブにはある。そんな普通にありうることで、グーグルが評価を下げるはずがない。

    一方で顧客の観点から見れば、同じテンプレートの使い回しは良い考えとはいえないだろう。ベースは同じだったとしても、そのサイトの“イメージ”、言い換えれば“ブランド”を作り上げるような独自のデザインがいい。

    グループサイトということで共通点をもたせるのはいいが、独自性がなくなってしまっては個々のサイトを印象づけられないし、紛らわしくなってしまうかもしれない(構造としてのテンプレートだけ同じで、CSSでそれぞれオリジナルの見た目を作ることは十分に可能だが)。

    そもそも、共通点がある商材を扱うなら、やたらにサイトを量産するのではなく、1つのサイトとして総合的に作り上げていくことも検討したい。そのほうが1つのサイトに労力や予算を集中できる。

    そうしたほうが、良いコンテンツへの被リンクを1つのサイトに集められるので、検索エンジンによるサイト全体としての評価とオーソリティが上がるだろう。SEOの視点からも理想的な場合が多い。

    グーグルがドメイン登録サービスを開始
    ★★★☆☆Google+ Your Business(Google+ Your Business on Google+)

    グーグルは、独自のドメイン名管理サービスを開始することを発表した。名称は、わかりやすい「Google Domains(グーグル・ドメイン)」だ。

    Google Domainsのホームページ

    ドメイン名の取得費用は12ドルで、次のような内容のサービスを提供する。

    • 追加費用なしのプライベート登録
    • 独自ドメイン名を使用した100アカウントのメールアドレス
    • 100個までの自由なサブドメイン
    • グーグルによる、高速で安全、信頼性の高いインターネットインフラストラクチャ
    • 数多くのドメイン名を取得可能
    • メールと電話によるサポート

    .みんな」ドメイン名の取得もできるようだ。また他のレジストラで取得管理しているドメイン名の移管も可能だ。

    ただしサービスはまだ完成しておらず、現在は招待コードをもつユーザーだけがベータテスターとして利用できる。興味があれば、申し込んでみるといいだろう。

    まだ発表されていないグーグルならではのサービスも登場することだろう。たとえば、ウェブマスターツールやGoogleアナリティクスなどグーグルのツールと連携した機能が考えられる。正式公開を楽しみに待ちたい。

    好きなミュージシャンの歌を検索結果から聴ける
    ★★★☆☆アプリユーザーの引きとどめ策?(Inside Search)

    歌手やバンドを検索したときに、検索結果から直接アプリを立ち上げてその歌を聴ける機能を、グーグルが導入した。まずは米グーグル(gooogl.com)で始まった。

    検索結果からアプリで音楽を聴く

    現在対応しているアプリは次の6種類だ(Androidのみ)。

    • Google Play
    • YouTube
    • iHeartRadio
    • Spotify
    • TuneIn
    • Rdio

    日本にも先日導入されたApp Indexingにも似た機能だ。ユーザーにとっては利便性が増す。

    スマートフォンでは、ブラウザでウェブページを見るだけでなく、アプリを利用することも多い。ウェブページの利用が減ることは、検索連動広告が大きな収益源になっているグーグルにとっては、良い傾向ではないはずだ。アプリユーザーを検索に引きとどめておく策としても、検索結果からアプリに直接行ける仕組みづくりにグーグルは取り組んでいるのかもしれない。

    SEO JapanSEO Japanの
    掲載記事からピックアップ

    ※更新がなかったため今週はピックアップなし。

    この記事の筆者

    鈴木 謙一(すずき けんいち)

    「海外SEO情報ブログ」の運営者。株式会社セルフデザイン・ホールディングスの取締役インディペンデント・コントリビュータ。

    海外SEO情報ブログは、SEOに特化した日本ではもっとも有名なSEO系ブログの1つ。米国発の最新のSEO情報を中心に、コンバージョン率アップやユーザーエクスペリエンス最適化のための施策も取り上げている。

    正しいSEOをウェブ担当者に習得してもらうために、ブログでの情報発信に加えて所属先のセルフデザインでは、セミナー講師や講演スピーカーを主たる役割にしている。

    G+
    Google
    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:ネガティブSEOからサイトを守れ! 被害状況の監視法 など10+2記事 [海外&国内SEO情報ウォッチ] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    日本IBMは、スマートフォンやタブレットのモバイル端末を対象に、アプリケーションやコンテンツの管理とセキュリティを両立するモバイル管理ソリューション「IBM MaaS360(マース360)」の提供を開始する、と6月25日発表した。短時間で最小規模から利用できるSaaS版クラウド・サービスと、データセンターで自社運用するためのソフトウェア・ライセンスの2種類の形態で提供する。IBM MaaS360は、企業内でのモバイル活用を最大化しながら、生産性を損ねずに高度なセキュリティを確保する。

    IBM MaaS360が搭載した「MaaS360 Mobile Device Management」は、中核となるモビリティー・デバイス管理(MDM)機能で、デバイスの登録、構成、セキュリティー・ポリシーの管理、メッセージ送信、検索などの端末操作を含む。「MaaS360 Mobile Email Management」はMicrosoft Exchange ActiveSyncおよびLotus Travelerのプロトコルを利用している環境を管理する。「MaaS360 Mobile Application Management」は、アプリケーションの追加、削除、アップデートなどを行うアプリケーション管理機能を提供する。ほかにもIBM MaaS360は、多数の機能を備えており、ユーザーがシステム環境に合わせて選択することができる。

    日本IBM
    http://www.ibm.com/jp/ja/

    IBM MaaS360
    http://www-01.ibm.com/software/jp/cmp/saas.html

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:日本IBM、包括的な企業向けモバイル管理ソリューション「IBM MaaS360」の提供を開始 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱

    Googleは、企業向けに無制限のストレージを提供する「Google Drive for Work」を6月26日、発売開始した、と同日発表した。高度な監査機能やセキュリティ制御の機能をもち、ユーザー1人あたり1200円で利用することができる。保存容量が無制限であるだけでなく、一度にアップロードできるファイルサイズは最大5TBと、デスクトップやノートパソコンのHDDでは不可能な容量を提供する。

    Google Drive for Workには、ストレージ機能、同期や共有の機能のほか、管理者向け機能としてファイルの監査機能、eDiscovery(電子情報開示)サービスが付属している。ファイルの移動や削除、社内外でのファイル共有などの活動をモニターすることもできる。アップロードするファイルすべてはGoogleのデータセンター間だけでなく、Googleサーバー内でも暗号化するため、不正なアクセスを防止できる。

    Googleエンタープライズ公式ブログ
    http://googleenterprise-ja.blogspot.jp/2014/06/google-drive-for-work.html

    Google Drive for Work
    http://www.google.com/enterprise/apps/business/driveforwork/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:Google、企業向けに無制限のストレージを提供する「Google Drive for Work」を発売開始 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    日経BPコンサルティングは、インターネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2014-春夏」をまとめ、6月27日に調査結果報告書を発行した。インターネットユーザーがサイトのブランド力を評価する「Webブランド指数」が今回もっとも上昇したのは「じゃらんnet」で、第2位は「JTB」だった。ゴールデンウィーク向けのプロモーションが奏功し、サイトの利用が増え、ユーザーの好感度やサイトの信頼性が高まった。「全体ランキング」トップ3は「Yahoo!JAPAN」「楽天市場」「Amazon.co.jp」の順で、楽天市場は前回まで3回連続の首位から1ランクダウンの2位となった。Webブランド調査は、企業や団体が運営する日本の主要500サイトについて、「アクセス頻度」「サイト・ユーザビリティ(Webサイトの使いやすさ)」「コンバージョン(会員登録や商品購入などサイト内で実際に行われた行動)」などの6つの要素をインターネットユーザーが評価する。半年ごとに実施し、今回の調査期間は4月9~22日で、有効回答数は3万6330だった。

    全体ランキングの首位を陥落した楽天市場は、「態度変容」のポイントを大きく下げ、製品・サービスへの関心や購入意向、企業への好感度など、すべての項目で得票率が低下した。「サイト・ロイヤルティ」の「信頼性」も大きく下がっている。第1位のYahoo!JAPANは、「コンバージョン」が大きく伸びた。上位3サイトともコンバージョンが10ポイント以上上昇するなか、Yahoo!JAPANはキャンペーン、メールマガジンや会員ページの利用が好調で21.4ポイント増と、もっとも伸び幅が大きかった。業種別Webブランド指数で平均スコアが大きく上昇したのは「情報通信」「電機、電子、精密機器、コンピュータ」だった。情報通信はスマートフォンの新規顧客獲得合戦の影響からか、キャンペーンやメールマガジン、会員ページの利用が増加した。電機、電子、精密機器、コンピュータでは、増税前の家電駆け込み需要を背景に、製品・サービスへの関心が伸びた。

    日経BPコンサルティング
    http://consult.nikkeibp.co.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:日経BPコンサルティング、「Webブランド調査2014-春夏」でトラベル系2サイトが急上昇 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    Warnning: Do NOT Get Caught While Searching!!
    Your IP : - Country : - City:
    Your ISP TRACKS Your Online Activity! Hide your IP ADDRESS with a VPN!
    Before you searching always remember to change your IP adress to not be followed!
    PROTECT YOURSELF & SUPPORT US! Purchase a VPN Today!
    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    大日本印刷(DNP)とビジュアルコミュニケーションツール企画・開発のブイキューブ、テレビ会議システムソリューションのパイオニアVCは、企業の業務効率化を支援するサービスを提供するための業務提携を行った、と6月24日発表した。業務提携の第一弾として、DNPが提供するデジタルサイネージ(電子看板)およびデジタルサイネージ用コンテンツ配信システムと、ブイキューブとパイオニアVCが提供するインターネット上で会議を行うビジュアルコミュニケーションサービスをセットで提供。導入企業のオフィスや工場における情報の共有化やコミュニケーションの活性化などを効率的に行うことが可能になる。

    DNPとブイキューブ、パイオニアVCの提携によるサービスで、通常はデジタルサイネージとして活用しているディスプレイを遠隔会議開催中のコミュニケーションインフラとして使用することができるようになる。災害発生時などは、緊急情報の配信と情報共有、対策会議を迅速に行い、初動から収束までのスピードアップを図ることもできる。企業内の情報伝達や点検・管理業務、緊急時の対応、製造業の企画・設計・製造の進行管理などにおいても効率性や利便性を向上することができるという。

    大日本印刷
    http://www.dnp.co.jp/

    ブイキューブ
    http://jp.vcube.com/

    パイオニアVC
    http://pioneer.vcube.com/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:DNPとブイキューブ、パイオニアVC、デジタルサイネージやWeb会議を連携した業務効率化支援サービスを提供 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱

    電通は、母親視点から企業のマーケティング活動を支援するチーム「ママラボ」を7月1日付で中国に設置する、と6月27日発表した。ママラボは2009年に電通本社内に設置。消費者研究データやメソッドをベースに母親視点の企業マーケティング支援サービスを提供してきた。中国に拠点を置く電通グループのプランナーをネットワーク化し、ママラボのノウハウを中国のグループ各社でも活用できるようにする。中国における小学生以下の子供を持つ母親と家族に関する環境変化を予測し、次世代家族市場の開拓に向けたマーケティング活動を支援していく。

    ママラボのサービスは、「ママの本音」や家族のインサイト(本音)に基づくコンサルティング、ママ・家族向けの商品・ブランドの開発、販売チャネルやメディアの開発、キャンペーンの提案・実施、レポートや書籍の刊行など。国内では、主に「食品」「化粧品・トイレタリー」「家電・AV機器」「情報・通信」「自動車・関連品」「流通・小売業」「教育・医療・サービス」などの各社にサービスを提供してきた。中国では、既存・新規顧客からの次世代家族市場に向けた支援需要が高いことを受け、ママラボを中国でネットワーク展開することにした。

    電通
    http://www.dentsu.co.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:電通、母親の視点から企業のマーケティング活動を支援する「ママラボ」を中国に設置 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 4 分

    コンテンツマーケティングが大切であり、検索順位を上げるにも良い方法であることが盛んに言われている。ユーザーニーズに応えるコンテンツを中心にした施策に価値があるのは確かだが、コンテンツに意識がいってしまうがゆえに、SEOやマーケティングの担当者が自在に使いこなせる他のさまざまな方法が忘れられがちだ。

    この記事では、コンテンツの制作やマーケティングに費用をかけることなく検索順位を改善するための方法を6つ、ランドが紹介する。

    参考までに、今回のホワイトボードの画像を掲載しておく。

    
コンテンツ制作とマーケティングに費用をかけずに検索順位を上げる6つの方法
①スニペットを改善し、ウェブサイトのページもスニペットで示される意図に沿ったものにする。
②クロールしやすく、価値の高いページの割合が大きいサイトにする。
③ページの読み込みスピードを最適化する。
高速なページ読み込み=クロールの増加+ユーザーの満足度向上
④ネットワークを活用して、リンク・共有・トラフィックを呼び込み、支持を増やす。
君たち最高!
ありがとう! ぼくたちのこと、友達にも共有してくれたら嬉しいな
「互いに助け合うための食事会」も参照
⑤君のサイト上で、ユーザーには満足してもらえるがオーガニック検索のトラフィックをあまり獲得していないページを特定する。
エンゲージメントが高く検索率が低いページのリスト
もっとマッチしそうなキーワードを決定
アップデート、再リリース、共有
⑥伝統的な競争型のリンクビルディング
競合にリンクしており、君にもリンクして当然のリンクを探す。
アウトリーチの優先順リストを作成して、人々にコンタクトする。ひと押しすれば済む場合もあれば、かなりの労力を要する場合もある。最初は簡単な方からとりかかる。

    SEOやインバウンドマーケティングのコミュニティに、こんな考え方が広がってきている。

    SEO担当者にできることは、もはやコンテンツの制作とコンテンツマーケティングしかない。

    だから僕たちは、コンテンツを制作し、マーケティングを開始し、アウトリーチを行い、コンテンツへのリンクの獲得に務めるというわけだ。

    これは、SEO担当者に求められる仕事をあまりにも過小評価している――本当は信じられないくらい多岐にわたる、ずっと重要なものなのに。

    今回は、この問題に対処しようと思う。僕は、SEO担当者が責任を持つ物事の広大さを、その大海に一石を投じることで示してみようと考えた。

    コンテンツ制作やコンテンツマーケティングに費用をかけずに検索順位を上げる方法をこれから6つ紹介していくが、そういう方法なんて実際はおそらくこの百倍はあるだろう。その中のたった6つだ。

    ①スニペットを改善し、ウェブサイトのページもスニペットで示される意図に沿ったものにする

    では、さっそく第1の方法だ。スニペットを改善し、ウェブサイトのページもスニペットで示される意図に沿ったものにする。

    要するにこういうことだ。

    検索結果ページには、たくさんのタイトルと、各タイトルの下にURL、さらにその下にはmeta descriptionタグで指定されたサイトの説明が表示される。その他に、著者のプロフィールがあるかもしれないし、動画スニペットがあるかもしれない。リッチスニペットのマークアップを利用している場合には、それも検索結果に表示されるだろう。

    ここから、実際のページへつながる。この両方を改善するのだ。

    たとえば、スニペットの改善には次のようなことが考えられる。

    • 「rel="author"」の追加
    • 動画の追加
    • リッチスニペットの追加
    • タイトルの変更
    • クリックしたくなるタイトルへの修正
    • 説明文の変更

    さらには、驚くことにURLの変更も考えられる。最近の研究で、クリックするかどうかの選択に実はURLが影響することがわかっているのだ。

    さて、スニペットを改善したからといって、それで終わりではない。

    検索結果ページに表示されたスニペットに内容と、それを見て興味をもった人がたどり着くページの内容とを一致させる必要があるのだ。

    ご存知のように、検索で訪れたのにそのまま検索結果ページに直帰してしまうユーザー行動は、2つの面で大きなマイナスになる。

    1つ目は、検索エンジン自体が、この動きを見て「なんてことだ、クリックした人が戻ってきた、気に入らなかったのだ。こりゃダメだ。このページは上位にしたくない」となること。

    2つ目は、あっという間に去っていった人には、購入も共有もしてもらえないし、リンクを張ってもらうこともできないこと。

    おわかりだろうか。こんなふうに、コンテンツの作成とはまったく別のところで、検索順位をちゃんと上げることができる。

    ②クロールしやすく、価値の高いページの割合が大きいサイトにする

    第2の方法は、クロールしやすく、価値の高いページの割合が大きいサイトにすることだ。

    先日、メールでやり取りをしていたとても有能なSEO担当者が、実にいいことを言った。

    大規模サイトで、クロールのしやすさと効率を改善したのにオーガニック検索のトラフィックが大きく増加しなかったなんて例は、見たこともないし、そういうサイトに携わったこともない。

    実に鋭く、言い方もよかった。僕が思っていたこととまったく同じことだったが、彼のその言い回しがとりわけ気に入った。

    考え方はこうだ。サイトに良いページがある。良いページはニコニコマークで表すことにしよう。ニコニコマークのページからリンクされたページの中に、あまり良くないページが3つある。良くないページとは、グーグルがあまりインデックス化したがらないページ、つまり、サイトにも検索した人にも、利用者全般にもあまり価値がないページだ。ウェブサイトにはそんなページが往々にしてある。

    自分のウェブサイトを確かめてみるといい。クリックして回ると、「おい、なんでこんなページがまだあるんだ。だれの役にも立たない。無駄なだけだ」と言いたくなるようなページがあるはずだ。そんなページをリンクから外したり削除したり作り直したりして悪いページの割合を減らせば、クロールを改善し、グーグルを大いに喜ばせることができる。

    そもそも質の低いページが大量にあると、パンダ・アップデートのときのようにペナルティを受けることがあるし、それだけで済むとも限らない。

    ところで、価値の高いページの割合を高めるだけではなく、ナビゲーションに着目するのもいいことだ。

    現状が図の左側のようになっていれば、かなりすっきりしたナビゲーションシステムだ。中央のページから7つほどのページへリンクされている。いいね。

    しかし、図の右下のように、このページから、次はこのページ、次はこのページ、次はこのページ、次はこのページとリンクがつながり、その次のページが実は最初のページの重複ページだったらどうだろう。

    こうした点を改善し、ナビゲーションシステムを整理し、サイトをインデックスされやすくし、少ないクリックで深い階層たどり着けるようにし、どのページにもうろうろ寄り道せずに行けるようにすれば、サイトへのトラフィックを増やせる。

    ③ページの読み込みスピードを最適化する

    第3の方法は、今回紹介する方法の中で最もシンプルなものかもしれない。ページを高速化すると、インターネットは見返りをくれるのだ。

    直接的な効果もある。グーグルの言っていることを大まかにまとめると、こんな感じだ。

    ページの読み込み速度はほんの少しだが検索順位決定アルゴリズムに影響する。われわれはページ読み込み速度を考慮に入れる。

    とはいえ、この改善の目的は、グーグルへの直接効果ではない。肝心なのは、利用者の満足度が大幅に上がって、これまで述べてきたような行動をとってもらえるようになることだ。すなわち、直帰率が下がり、来たとたんに検索ページに逆戻りするような行動が減るので、購入したり共有したりする人が増え、ブランドを気に入ってくれる人も増える機会が得られるのだ。

    この記事は、前後編の2回に分けてお届けする。コンテンツ制作やマーケティングにお金をかけないで検索順位を上げる6つの方法のうち、今回は3つを取り上げた。後編となる次回は、残る3つを紹介する。(後編は7月7日公開予定)

    この記事の筆者

    この記事は、Moz Blogに掲載された以下の記事を日本語訳したものです。

    author photo

    原文:「6 Ways to Earn Higher Rankings Without Investing in Content Creation and Marketing - Whiteboard Friday」 by Rand Fishkin (2014/02/21)

    記事セレクション:渡辺隆広株式会社アイレップ
    翻訳:株式会社ガリレオ

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:コンテンツも作らずマーケティング費用もかけずに検索順位を上げる6つの方法(前編) [Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 5 分
    誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
    丸山先生
    医者:丸山先生(35歳・男)
    当クリニックの代表。
    来栖あきら
    研修医:来栖あきら(25歳・男)
    イケメンの研修医。
    綾瀬ゆい
    研修医:綾瀬ゆい(25歳・女)
    優しい天然ボケの研修医。

    ここ「アクセス解析5分クリニック」には、Webサイトについてさまざまな悩みを抱えた患者が、毎日のようにやってくる。研修医の来栖と綾瀬はデコボココンビだが、院長の丸山先生がとにかく名医。たった5分ですべての悩みを解決する!というのだ……。(登場人物紹介を詳しく見る

    今回のお悩み
    「直帰率」「離脱率」など、初歩的なアクセス解析関連の専門用語が、そもそもよくわかりません

    片っ端から覚えるのは難しい

    先日、お客さんに説明をしていたら、「専門用語を使わないでください」って言われちゃいました。

    確かにウェブ業界には、「SEO」だの「CPC」だの「LPO」だの、独特の3文字英語が多いよね(笑)。

    それはもちろんなんですけど、「直帰率」「離脱率」「参照元」といった、日本語の用語もいまいちわからないらしいんです。

    確かに、なんとなく意味は通じるけど、厳密にはよくわかっていないという用語は多いかもね。

    あやふやに理解されているとしたら、むしろ不安になってしまいますね。

    それで、特に最近、Googleアナリティクスが注目されているので、「そこで使われる用語は理解したい」とのことなんです。

    個人的には、独特な用語も使っているうちに慣れるから、あまり心配しなくてもいいよ、というのが持論なんだけどなあ。

    お客さんも自力で調べてはいるみたいなんです。でも、本当に理解できているか不安とのことで……。書籍も解説サイトも、説明を難しく感じるみたいなんです。

    確かに、アクセス解析は数字が絡むから、厳密にならざるをえない。そのため、ある程度きっちり説明する。すると、難しくみえる。だから、よけいに読みたくなくなる……という悪循環になるわけか。

    最低限覚えておきたいアクセス解析の用語

    じゃあ、必要最低限な日常会話レベルの単語を覚えるスタンスということで、最低限覚えておきたいアクセス解析の言葉を説明していこう。

    まず、どんな業者やツールと会話するときにも、必ず登場する専門用語というのがある。これがわかれば、最低限の意思疎通はできるだろう。

    とりあげるのは「ユーザー」「参照元」「ランディングページ」「直帰率」「ページビュー」「離脱率」「訪問数」「リピート率」だ。

    今回、“綾瀬さんが経営しているスーツ販売サイト”を舞台にして、これらの用語をストーリー仕立てで説明してみよう。

    綾瀬が運営するメンズスーツ販売サイト「あやのお店」。綾瀬は今日もGoogleアナリティクスの画面のリアルタイムレポートを睨んでいるが、そんなことを知ってか知らずか、まさに8人がアクセスしページを閲覧しようとしていた。

    お客さんは入るのか?(ユーザー)

    8人のうち6人は、Googleで「イタリア製スーツ 渋谷」と検索し、「あやのお店」を見つけた。残り2人は、「教えてgoo」の「ベルトの切り方」という悩み相談コーナーを見ていたが、そこに「あやのお店」サイトへのリンクがあった。

    この8人が、「あやのお店」サイトを訪れ、サイトのユーザーとなった。ユーザー数(ユニークユーザー数)は8人である

    • ユーザー数―― 文字通り、サイトに訪れたお客さんの数のこと。「ユニークユーザー数」という場合は、1人が何回もサイトを訪れても「1人」と数える「正味のお客さん数」といった意味となる。

    ページに留まるか否か(参照元、ランディングページ、直帰率)

    こりゃダメだ。女の子の趣味ブログだわ」。Googleを参照元としていた6人はがっかりしていた。

    Googleのリンクからアクセスしたのは、「あやのお店」サイト内の綾の店長ブログ「てんちょうあやのブログ」である。ピンク色のファンシーなページで、かわいいカフェの写真が数枚。

    イタリア製スーツは、ここじゃないな」と考え、6人は去っていった。

    一方残り2人は、「あやのお店」サイト内の「ベルトの切り方」というページに誘導された。この記事はとてもていねいに書かれており、好感が持てた。こちらのページがランディングページだったこの2人は、サイト内の別記事も見ることにした。

    8人のうち6人が直帰してしまったので、サイト全体の直帰率は75%である。綾瀬の店は、流行っていないようだ。ページ単位で見ると、「てんちょうあやのブログ」ページの直帰率は100%、「ベルトの切り方」ページの直帰率は0%となる。

    • 参照元―― 何を見てそのサイトに訪問したのか?ということ

    • ランディングページ―― 最初に顧客が見た入り口ページのこと。“ランディング”とは着地という意味の英語。

    • 直帰率―― ランディングページを見ただけで他のページを見ずにすぐにサイトから離れてしまった人の割合。「75%」なら、4分の3が、その1ページだけを 見て帰ってしまったことになる。

    買ってくれるのか?(ページビュー、離脱率)

    「ベルトの切り方」ページからサイト内に入った2人は、数分後に悩んでいた。2人はそれぞれ5ページずつを閲覧した。ページビューは2人あわせて10ページとなる。

    2人とも、青色3万円のイタリア製スーツの解説ページを見つけて気に入ったのだが、うんちくばかり書いてあって、購入ボタンがなかった。

    1人は留まり、そのページを詳細に読んでいたが、もう1人はあきらめてページを閉じた。2人が見て、1人がそのページでサイトを離脱したので、このページの離脱率は50%となった。

    • ページビュー―― 閲覧されたページ数のこと。文字通りページをビュー、見られたという意味である。

    • 離脱率―― そのページを見た人のうち、そこでサイトを閉じた人の割合。離脱率は各ページ単位であることに注意

    リピーターは増えている?(訪問数、リピート率)

    最後まで残った1人は、じつは来栖だった。彼はサイトに留まり、他のページも閲覧し、スーツのうんちくを見ていた。最終的にサイト自体を気に入ったので、ブックマークに入れて、サイトを閉じた。

    そして3日後、来栖は同じパソコンで綾瀬のサイトに再訪問した。これで来栖の訪問数が2となった。

    ところで来栖はサイトに再訪問したリピーターである。では、サイト全体のリピート率はどうなるのだろうか? Googleアナリティクスの場合、リピート率は、人単位ではなく、訪問数で計算される。綾瀬のサイトには、初回に8訪問。その後来栖の1訪問の合計9訪問があった。9訪問中の1訪問がリピートなので、リピート率は「9分の1=約11%」と計算される。

    • 訪問数―― 「ユーザー」が“人”を表すのに対し、「訪問」は訪問“行動”を表す。そのため同じ人が数回来た場合も訪問数はカウントされる。

    • リピート率―― サイトの訪問数のうち、どれくらいが2回以上訪問しているリピーターの割合なのかを表す数値(Googleアナリティクスの場合)。

    原因は数字に現れる

    (…この設定の私、かなり痛い女に描写されてる……)

    さて、これで用語はしっかり把握できただろう。そのうえでサイトの問題点も、よりわりやすくなったんじゃないかい?

    ごほんごほん……。まず、サイトが全体的にファンシーイメージなのがまずいです。そのせいで「イタリア製スーツ 渋谷」と検索したユーザーが全員帰ってしまい、「直帰率」が75%になってます。

    スーツの販売ページに購入ボタンや店舗の案内がないのもまずいですよね。こっちは「離脱率」が高くなっちゃっています。

    今回は理由がわかったうえで数値が悪くなること説明したけど、逆に数値だけを知らされたら、ちゃんと読み解けるかい?

    うーん。“「イタリア製スーツ 渋谷」と検索した人の直帰率が75%”というのを知ったら、かなり高いなあとは思いますが、その原因まではすぐにはわかりませんね。

    サイトを見て、「カフェのブログが悪いのかしら。正直カフェ関係ないし」って思うかもしれませんね。でもこのサイトを作ったあやさんは、きっとファンシー好きの痛い女だから、気づけないと思います(苦笑)。

    そのとおり。数値からは、残念ながら直接の原因はわからない。でも、異常値を発見したときに、どの数値がどのユーザー行動と絡んでいるのか、イメージできれば、理由を推測する精度はぐっと変わってくるね。

    まとめ

    アクセス解析の専門用語を覚えることが苦手な人は、まず今回のようなストーリー形式で覚えてみてほしい。きっと、そんなに難しく感じないはずだし、むしろ、各専門用語が示している意味がクリアになるだろう。

    専門用語は辞書のように覚えるのもよいが、自分が興味あることや、まず日常会話レベルを覚えるところから始めてみれば、実践的だし興味もわきやすいと思う。ぜひ、自分のサイトでも同様のストーリー(ケース)を想定して、どの専門用語が何をさしているのか意識して見てみよう。

    今日の処方箋

    お悩み「直帰率」「離脱率」など、初歩的なアクセス解析関連の専門用語が、そもそもよくわかりません

    アドバイスまず、日常会話レベルで必要な言葉を覚えてみましょう。その際、ストーリーで覚えるとより覚えやすいですよ。

    以下の手順で進めていきます。

    1. 12 【2分】 「参照元」「ランディングページ」「直帰率」を覚えましょう

      だれが、どこから(参照元)、どのページにランディング(着地)しているか(ランディングページ)考えてみましょう。

      そのうえで、そのページの直帰率を想像してみましょう。

    2. 34 【2分】 「ページビュー」「離脱率」を覚えましょう

      直帰しなかった人は、だいたい何ページくらい見ていると思いますか?(ページビュー)

      多くの人が離脱していそうなページで思いつくページはありますか?(離脱率)

    3. 5 【1分】 訪問数とユーザー数の違いを考えてみましょう

      訪問数とユーザー数の違いはわかりますか?

      わからない人は、今回の記事をもう一度よく読んでみてください。

    ※キャラクターイラスト(来栖、綾瀬):「コミPo!」にて制作

    この記事の筆者

    丸山耕二(ウェブ担当者通信 運営責任者)
    株式会社ウェブジョブズ代表。大手SIERのシステムエンジニア、SEOコンサルティング会社を経て独立。現在はアクセス解析を中心とした成約率アップコンサルティング業務や、WEB担当者向け通信講座「ウェブ担当者通信」を主催。2009年よりGoogleアナリティクス英語版の認定資格(GAIQ)を取得。難しいアクセス解析を楽しく伝えるをモットーに“Web業界の池上彰”を目指し活動中。

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:「直帰率」「離脱率」など、初歩的なアクセス解析関連の専門用語が、そもそもよくわかりません [誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱
    価格交渉人 ネギリエ

    あらすじ

    感情表現の乏しさを理由に、いきなり事務所をクビになってしまった新人弁護士・祢宜りえ。しかし、今の世の中、弁護士だからといってそうそう楽に仕事が見つかるわけではない。

    弁護士資格を持ちながら就職が決まらない人が3割とも4割ともいわれ、また弁護士の2割は年間所得が100万円以下(国税庁調べ)、まさに弁護士受難の時代である。

    とりあえず、叔父さんの不動産会社で働かせてもらうことになった。

    ここから始まります
    もっと 
笑えないかな?

どうして
おかしくもないのに

笑わないと
いけないんですか?

弁護士
祢宜(ねぎ)りえ

クレームが
来てるんだよ
無表情で怖いって

弁護士は
依頼者を擁護する
立場だろ

怖がらせて
どうするんだよ

弁護活動には
支障を
きたしていませんが

きたしまくり
だよ!

どれだけ
客を逃してると
思ってるんだ

弁護士も
サービス業なんだ

頼む
笑ってくれ

笑え!
    ここから始まります
    !


どうですか?

す…すまん
うちの事務所では
君は扱えん

え…

はぁ
またか…

どう笑えって
いうのよ…

そもそも
愛嬌ばかり期待するような
依頼人なんて
どうせロクな事件
じゃないのよ

くだらない客に
迎合するから
弁護士の地位が
落ちる

法の番人が
ヘラヘラして
どうすん

リエちゃん
何ブツブツ
言ってんの

あれ
叔父さん…

こんなところで
何やってるん
ですか?
    ここから始まります
    不動産屋
経営してれば弁護士さんに
お願いすることは
色々あんねん

リエの叔父
アンバランス不動産屋
社長 土屋 均

それより
聞いてたで

笑顔がダメやから
辞めさせられるって
めちゃくちゃやな

いつものこと
です

そうか…

どや
ウチで働かへんか?

うちは無愛想でも
仕事ができれば
オッケーや!

不動産屋で?

法律に詳しい人が
欲しかってん
弁護士なら
バッチリや

次の事務所が
みつかるまで
でいいなら

年収は最低500万
週休二日

法的相談に関しては
別途1件につき
30分5000円
文章作成は3万円
裁判や訴訟は
30万円頂きます。

え…

身内やんか…
もう少しまけてや

身内価格です
    ここから始まります
    ここのデスク
座って

法務担当やけど
仕事はとりあえず
雑務をこなしてくれたら
いいから

聞きたいことが
あれば
こっちから聞くから

社長

それは
わかったんですが

ん?

なんで
ミニスカート
なんですか?

メガネも禁止って…

うちの制服や

それに
そっちのほうが
男が釣れんねん♪

そんなバカな

おはよう
ございます!

お、
新人入ったん
ですか?


おお
いいねぇ

すっげー
美脚!

歓迎会だ
歓迎会!

おごるから
サシで飲みに!!

男ってバカ…
    ここから始まります
    すごい
どんな雑務も
顔色一つ変えずに
卒なくこなしている

けど

無表情
なんだよなぁ…

聞いたわよ
悪徳不動産屋のウチに
よく弁護士なんて
雇えたわね

母ちゃん

リエの父の妹

妻 土屋 香織
    ここから始まります
    あ

オバさん
ご無沙汰してます
お正月以来ですね

あれ

リエ

弁護士って
あんただったの

はい

悪いこと
言わないわ

さっさと
仕事見つけて
出て行きなさい

ここは
あんたがいるような
場所じゃないわ

そのつもりです

相変わらず
可愛くないわね

あんた
リエはお兄ちゃんの
子どもやで

わかっとるわ
けど弁護士が店に
いるだけでどれだけ
信用度が上がると
思ってんねん

あの子も
仕事をクビになって
困っとるんや

ウチらも
いてるだけで
助かるんや
Win-Winやないか
    ここから始まります
    はい
それでは
その値段で結構です
予約おねがいします

社長
社員旅行の
見積もりができま…

なんや
この価格っ!

どうかしたん
ですか?

見てみ
この見積もり

なめくさっとる

うわ

500万って
高すぎやろ…!!
    ここから始まります
    なんの見積もり
なんですか?

ホームページや

うちの店もそろそろ
作らんとアカンと思って
ホームページの制作を
頼んだら
こんなもん
送ってきよった

500万円
やぞ

素人の俺らには
何もわからんからって
絶対ボッタクってんねん

あんなもんパソコンで
チョイチョイとやれば
作れるはずやろ

確かに
異業種だと
適正か
わかりませんね

この額が
適正価格かどうか

私が話を
聞いてきましょうか?

え?

いらんいらん

お前はいらんこと
せんでええ

変に動き回られて
うちのマズイ部分が
明るみに出たら面倒や

で
何の用?

言われてた
社員旅行の見積もり
が出来ました

何や
この値段!!

めちゃくちゃ
安いやん

価格交渉
しましたから

へ
    ここから始まります
    宿は部屋を空けておくくらいだったら
安くても宿泊客を受け入れた方が
マシなので
旅行間際に予約を取るのが
一番安いんです

ただ粘った結果
部屋が埋まってしまっては
意味がありません

だからここ数日
宿泊状況の調査のために
何度も連絡を入れて
情報収集しました

結果
最安値で予約が
とれました

だからって…

ここまで
安くできるもん
なのか…

値切り上手やけど
嫌な客やな

これこそが
Win-Win

双方にとって
適正価格です!

安く
泊まりたい

安くても
泊まって
ほしい

適正価格

…

リエちゃん
このホームページ
制作会社にも
同じように
値切ることが
できるか?

わかりません

そりゃ
そうやな

ただ
    ここから始まります
    値切るのではなく
適正な価格に
することなら
できます

わ、わかった
交渉してみて
くれ!

ただし余計な
書類は
あさらん
ようにな!

余計な
書類?

いっ…
いや
何もない…
頼んだぞ

?

思わぬ拾い物を
したかもしれへん

価格交渉は
タフな仕事や
それが出来るんやったら
うちにとって大きな戦力に
なるで!

社員旅行なんて
聞いてないん
だけど

たまには
ええやろ!

リエちゃんの
浴衣姿が
見たかったなんて
言えない
    ここから始まります
    制作会社としては
しっかりした
実績がある
とこみたいね…

お待たせしました
見積もりの件ですよね

一度社長さんにも
ご説明させて
もらったんですけど

けど…
ホームページのような
形のないものに
価値をつけるなんて…

黙っていたら
業者の言い値に
なりかねない

そうならないためには
しっかりと内容を
理解していないとだめ
    ここから始まります
    賃貸物件データの管理には、
CMSとデータベースを使います。
CMSはWordPress……

データベースは
MySQLというどちらも
フリーウェアと
不動産サイト用の
プラグインを使うことで…

……

…と
思ってたけど

何を
言っているのか

ちんぷん
かんぷん

ちょっと
待って下さい

はい

話は
わかりました

いや
わからないものが
わかりました

はぁ

つまり難しいことを
やろうとしているから
費用もかかるということ
ですか?

いやいや

特別難しい技術が
必要なサイト
ではありません

え
    ここから始まります
    作業量が
とても
多いんです

作業量…

ですか

はい…

以前社長から
どんなサイトに
したいかを
伺ったところ…

他の不動産会社に
負けない
ごっついサイトや!

とにかく
客がバンバン来て
バンバン問い合わせが
くるようなサイトに
してもらわんと
困るで!

物件が
たくさんあって
実物以上に
よく見せられるようにな!

ちょちょいっと
パソコンで壁の汚れとかも
消しといてや
たのんまっせ

要望を全て満たすと
時間と人材を
相当数注ぎこむことに
なります

なるほど…

実はほとんどの
Web制作会社が
費用は
一人月いくらで何日かかるかで
算出しているんですよ

だから作業が
多くなればなるほど
高くなってしまうんです

コンサルティング/要件定義 5 人日
ウェブサイト設計 4 人日
デザイン基本設計 4 人日
テンプレートデザイン 10 ページ
コーディング 6 人日
CMSインストール 2 人日
CMSテンプレート組み込み 2 人日
製品比較表示機能開発
商品DB連携機能開発
動作検証・試験
ドキュメント(更新ガイド)
営業管理費

…
    ここから始まります
    それに加えて
今は繁忙期で
価格をこれ以上下げるのは
正直難しいですね

繁忙期…

ただうちは
サイトを作るだけでなく
サイトの成果に
こだわっています

運用のアドバイスや
改善提案も
積極的に
させていただいています

……

あの…

聞いて
くれてますか?

繁忙期が
ある
ということは

閑散期も
あるってことですよね?

え…
    ここから始まります
    ここから始まります
    まぁ…

無い方が
助かるんですが…

わかりました
伺った話を踏まえて
社長と相談してみます

よ…
よろしく
お願いします

どうやった?
値切れたか?

相見積もとってみましたが
確かにあそこは
他社よりは高いです

しかしサイトの質
過去実績
Webマーケティング
への取り組み

更に社長が要求した
絢爛豪華なサイト

価格自体は
適正だと思います

なんや
結局
あかんかったんかいな

期待して
損したわ

やっぱ
弁護士さんは
口だけやな

まぁええわ
サイトのクオリティ
下げて

結局客が
来んかったら
捨て金やさかいな

500万円で
納得すりゃ
ええんやろ

出来上がったら
適当に難癖付けて
安くさせるわ

話はまだ
終わってません

<<16P>>

ん?

なんや
まだあんのか?

適正価格は
時間や条件によって
変動します

私に3ヶ月下さい

質を下げずに
コストを下げて
みせます

できんのか
そんなこと!?

もちろんです
それこそが本当の
価格交渉ですから

    後編は7月公開予定

    この記事の筆者

    原作:星井博文(ほしい・ひろふみ)

    漫画家・漫画原作作家。ヤングジャンプにてデビュー。著作に『中京女大レスリング部物語「ちゅうじょ」』(実業之日本社)など多数。

    作画:ソウ

    漫画家。代表作は『マンガで分かる心療内科』(少年画報社)、『心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG』(マガジンランド)ほか多数。

    マンガ制作:トレンド・プロ

    主に広告マンガ、イラスト、アニメ、キャラクターの制作を手がけるマンガ制作プロダクション。動機付け、興味の喚起、ストーリー性、分かりやすさなど、マンガの持つ強力な訴求力を活用し、企業が発信するさまざまなメッセージを織り込んだマンガ制作を得意としている。

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:適正価格って何ですか?/【漫画】価格交渉人ネギリエ・第1話 [価格交渉人 ネギリエ] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    Warnning: Do NOT Get Caught While Searching!!
    Your IP : - Country : - City:
    Your ISP TRACKS Your Online Activity! Hide your IP ADDRESS with a VPN!
    Before you searching always remember to change your IP adress to not be followed!
    PROTECT YOURSELF & SUPPORT US! Purchase a VPN Today!
    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱

    デジタルマーケティングのアイレップは、コンテンツマーケティングの成果を数値で検証するWeb解析サービス「コンテンツマーケティング解析サービス」を始める、と6月30日発表した。コンテンツマーケティングを起点にした自然検索流入による訪問数や訪問履歴を統計的に集計して可視化する。コンテンツマーケティングは、商品への理解や購買行動を促すコンテンツを提供して見込み顧客との関係を構築する手法を指す。

    コンテンツマーケティング解析サービスは、初回の訪問からその後の流入のきっかけになる接点、再訪問ごとの回遊状況、成果までの訪問回数や利用期間、利用日の間隔などを可視化。ユーザーの情報ニーズや行動のきっかけとなる要因を探り、コンテンツの刷新に活用できる。直接的な成果に加え、間接的な集客への貢献も分かる。期間は6カ月以内で、30万円(税別)から。抽出するデータ量や抽出期間によって料金が異なる。

    アイレップ
    http://www.irep.co.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:アイレップ、成果を数値検証するWeb解析「コンテンツマーケティング解析サービス」開始 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 1分弱

    ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、オムニチャネル(さまざまな販売ルートの統合)マーケティングのLeonis&Co.(レオニス)と、6月30日に資本・業務提携した、と同日発表した。レオニスはトランスコスモスの子会社になった。トランスコスモスは、自社が展開する各種のサービスにレオニスのオムニチャネルマーケティングのノウハウを取り込み、企業の機会損失を最小にするオムニチャネルサービスを提供する。

    さらに、トランスコスモスはレオニスのオムニチャネルマーケティングシステム「OFFERs(オファーズ)」の総代理店になって販売を手掛ける。オファーズはスマートフォンに最適化したマーケティングツールで、従来の紙のダイレクトメールに替えてスマートフォンを持つ顧客にレコメンドやクーポンなどを送り、利用状況をリアルタイムに把握する。トランスコスモスの既存サービスと組み合わせて統合CRM(顧客関係管理)を実現する。

    トランスコスモス
    http://www.trans-cosmos.co.jp/

    Leonis&Co.
    http://leonisand.co/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:トランスコスモス、オムニチャネルマーケティングのLeonis&Co.と資本・業務提携、子会社化 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 1 分

    博報堂は、メディア・広告事業のユナイテッド、コンサルティング・調査のソリッドインテリジェンス、ネットマーケティングのフィードフォースとともに、ウェブアンケートとソーシャルビッグデータを融合させた新しいマーケティングリサーチの手法を開発した、と6月30日発表した、「Social+Survey(ソーシャル・サーベイ)」と名付けてサービスを始める。ウェブアンケートの回答から調査対象者を「購入者・非購入者」「新規・離脱ユーザ」「ヘビー・ライト層」などに分け、各層のライフスタイルをソーシャルリスニング分析で明らかにする。

    Social+Surveyは、ウェブアンケートの設問項目に基づいて対象ユーザを効率的に明確にセグメント分けし、ソーシャルメディアの投稿履歴からさまざまな生活情報を過去にさかのぼって取得。回答者のプロフィルや商品購入状況とひも付けられる。各回答者のアカウントIDが取得可能で、回答者の調査後の発言も継続してモニタリングできる。標準パッケージで1件300万円から、期間は1ヵ月からを予定する。従来のウェブアンケートでは、ある商品の購入者・非購入者の生活全般を把握して生活者像を描くことは設問項目の限界などから困難だった。

    博報堂
    http://www.hakuhodo.co.jp/

    ユナイテッド
    http://united.jp/

    ソリッドインテリジェンス
    http://www.solid-i.co.jp/

    フィードフォース
    http://www.feedforce.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:博報堂など4社、新しいマーケティングリサーチの手法を開発、「Social+Survey」の名で開始 [ニュース] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 11.5

    先週のWeb担まとめ記事

    Web 担当者 Forum に掲載された情報を毎週一度、まとめてご紹介するこのコーナー、今回は解説記事 25本とニュース記事 11本です。

    忙しい人のためのこの記事の使い方:
    • 上のほうから内容をざっとチェックする
      重要なものほど上の方に置いてあります。
    • 背景が黄色の部分をざっとチェックする
      要チェックのものは色を付けてあります。

    今週の担当は、池田です。

    [今回の要チェック記事]↓セミナー/お知らせ | ↓人気記事 | ↓解説記事 | ↓ニュース
    社会人なら知っておきたい政府統計データ「e-Stat」と「統計メールニュース」

    Web担で先週公開された記事の中から、特に人気のあったものを厳選! 読んでおかなければ話題に乗り遅れる?

    • 政府統計データの活用紹介「社会人なら知っておきたい無料の公的統計データ『e-Stat』と『統計メールニュース』」が、470いいね!330ツイートと人気です。

      マーケティングや企画を立てるのに大切な調査データ。みなさんは無料で、だれでも利用できる公的統計データ「e-Stat」をご存知ですか?

      政府発表のe-Statでは、日本の人口、企業の経済活動、家計状況など、さまざまなデータをエクセルやデータベースの形で入手できます。質の高いデータが無料で提供されているのです。

      また、総務省統計局の「統計メールニュース」にも注目。日々更新される政府統計データの情報が定期的に届くので、e-Statと合わせてチェックしておきましょう。

      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/24/17731

    • 月曜マーケコラム「Moz」の「新しくWebサイトをつくったとき用Googleアナリティクス設定チェックリスト」にも注目です。

      Webサイトの運営に欠かせないアクセス解析。新しいサイトを担当するときに確認すべき、Googleアナリティクスの設定チェックリストを紹介。

      筆者がこれまでの体験から学んだノウハウが詰まったチェックリストで、正しくアクセス解析を行うための設定ポイントを確認しておきましょう。

      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/23/17730

    • 「サイトの品質・コンバージョン率を単純な考え方で“劇的に”改善するコツ/エクスペリエンス」は、「Web担当者Forumミーティング 2014 Spring」のセミナーレポートです。

      基調講演では、数々の大手企業のサイト改善を手掛けてきたエクスペリエンスの橘氏が、「顧客が見えていない企業が多すぎる。訪問者に最適化されていないWebは損失を出し続けている」と指摘。

      アクセス解析から損失を可視化する方法、そこから単純な考え方で離脱率・コンバージョン率を改善する方法について、お手本となる良いサイトなどの事例を交えながら解説しました。

      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/25/17602

    • 池田紀行氏講演のWeb広告研究会レポート「クチコミを発生させる5つの琴線スイッチ、見る人の感情を揺さぶるコンテンツの極意とは」も注目を集めました。

      Web広告研究会の「第六回東北セミボラ」のオープニングでは、トライバルメディアハウスの池田紀行氏が登壇し、消費者の感情を動かす5つの要素を解説。

      消費者が他の人に伝えたい・共有したいという気持ちになるまでのプロセスをどのようにプランニングするか、池田氏自身の経験や多くの事例とともに解説します。

      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/23/17727

    • 「EC売上を3年間で2倍以上にしたタワーレコードの成長を支えたCMS基盤」は、音楽エンタメ・小売大手、タワーレコードのタワレコのCMS導入事例です。

      わずか3年の間にEC事業の売り上げを2倍以上に増やしたタワーレコード。その大幅な売上増の背景には、独自開発のCMSから、パッケージ製品に入れ替えるという大きな決断がありました。

      5つの案を比較検討したタワーレコードの導入・運用プロセスとは。

      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/24/17580

    Web担の姉妹サイトもお役に立てるはずです。
    ECの現場で売上アップを目指す方には
    ネットショップ担当者フォーラム
    データセンター(iDC)に携わる方には
    データセンター完全ガイド
    企業内情報システムのお仕事をされている方には
    IT Leaders
    ソフトウェア開発者の方には
    Think IT

    [セミナー/お知らせ]↑要チェック記事 | ↓人気記事 | ↓解説記事 | ↓ニュース記事
    アクセス解析ゼミナール、人間中心デザイン講座など、7月・8月イベント情報

    ※「先週のニュース記事」の「イベント/セミナー」欄ユーザー投稿でのセミナー告知もご覧ください。

    アクセス解析ゼミナール(8/20、8/27)

    衣袋宏美氏が講師の「Google アナリティクス ゼミナール」が8月20日(水)と27日(水)に渋谷区で開催されます。2日間、合計12時間で基礎からステップアップし、徹底的にGoogleアナリティクスを使いこなす方法を学びます。アナリティクス アソシエーション(a2i.jp)主催で、一般申し込み8万6,400円、法人会員・個人会員7万0,200円。7月18日までの早割あり。

    http://a2i.jp/activity/gatraining/

    ユーザーテスト見学会(7/4)

    スマホのユーザーテストを体験する第2回「ユーザーテストLive! 見学会」が今週末の7月4日(金)に東京・六本木で開催されます。UX/ユーザビリティ評価法の第一人者である樽本徹也氏が監修、実際のアプリを使ったテストの様子を体験します。定員間近、チケットは3,000円。

    http://uxlive2.peatix.com/

    企業の情報活用事例(7/4東京、7/10大阪、7/15名古屋、7/18福岡)

    「企業の情報活用をアシストする」をテーマにアシストフォーラムが7月4日(金)の東京を始め、大阪・名古屋・福岡で開催されます。革新的な情報システムを構築して成功を収めている、顧客企業36社の事例を紹介。事前登録で参加無料。

    http://www.ashisuto.co.jp/event/af/

    人間中心デザイン(7/17事前審査締切)

    産業技術大学院大学 産業技術研究科の履修証明プログラム「人間中心デザイン」が8月に開講します。デザインリテラシー編、方法論編、応用演習の3つのユニットで受講者を募集。出願の事前審査提出締切が7月17日(木)と迫っていますので、詳細を今すぐチェック。

    http://aiit.ac.jp/certification_program/hcd/

    デジタルマーケティング最前線(7/17)

    アドビ 清水誠氏がゲスト「デジタルマーケティングの最前線」が7月17日(木)に千代田区で開催されます。メディックスの於保氏がAdobe Summit 2014を報告、清水氏は米国で体験したデジタルマーケティング活動を紹介します。参加費は無料。

    http://www.medix-inc.co.jp/seminar20140717/

    先週の人気記事 ↑要チェック記事 | ↑セミナー/お知らせ | ↓解説記事 | ↓ニュース記事

    Web担で先週公開された記事のうち、「今回の要チェック」に次いでアクセスが多かった記事です。

    背景色が薄く黄色になっている項目はWeb担編集部のお勧め記事。

    • ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト
      A/Bテスト6連発! コンバージョン率の高いランディングページはどっちだ!?
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/25/17733
      by 加藤 公一 レオ(売れるネット広告社)
    • 海外&国内SEO情報ウォッチ
      ネガティブSEOからサイトを守れ! 被害状況の監視法 など10+2記事
    • スマートフォンレポート
      スマホユーザーは有料アプリをどんな基準で選ぶのか? どんな使い方をするのか?
    • Googleアナリティクス セグメント100選
      ウチのメルマガは効いてるの? メルマガからの訪問に絞り込んで行動や成果を確認するには?(第12回)
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/26/17748
      by 衣袋 宏美(株式会社クロス・フュージョン)
    • スポンサードサーチ再入門
      リスティング広告で即効O2O。検索結果で店舗在庫アリをリアルタイムでアピールする機能が登場
    • 【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Spring
      コンテンツマーケティングとデータドリブンマーケティングを連動させる3つのポイント/アドビ システムズ

    先週の解説記事 ↑要チェック記事 | ↑セミナー/お知らせ | ↑人気記事 | ↓ニュース記事

    Web担の解説記事には、ウェブサイトをビジネス活用したい人向けの情報がたっぷり詰まっています。

    背景色が薄く黄色になっている項目はWeb担編集部のお勧め記事。

    • 企業ホームページ運営の心得
      旬のネタを簡単に話題にする方法、雑談力を高めるちょっとしたコツ
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/25/17744
      by 宮脇睦(有限会社アズモード)
    • ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト
      カゴ落ちを減らすために、あなたが今すぐできる3つのこと
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/26/17734
      by 秋山 恭平(ネットプロテクションズ)
    • ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト
      米国EC市場で売上高20億円目指すハミィ、欧州にも進出しグローバル展開に挑む
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/27/17735
      by 瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)
    • ユーザー投稿記事 by Priodep
      【7/8(火) 東京】Google Analytics実践講座 <初級編>~ビジネスを成功に導くアクセス解析の導入と成功事例
    • ユーザー投稿記事 by 株式会社メンバーズ
      7/10(木)開催「オムニチャネル対応はマーケティングオートメーション運用で! “個客”コミュニケーションを実現するテクノロジー・知見・事例とは」
    • ユーザー投稿記事 by コマースリンク株式会社
      ECサイト広告戦略セミナー ~アナグラム 阿部氏のリスティング新活用法×海外最新事例レポート~
    • ユーザー投稿記事 by 株式会社イー・エージェンシー
      【沖縄】Web制作スキルアップセミナー【かしこいサーバー選定・スマホ制作】(7/10(木)・無料・30名)
    • ユーザー投稿記事 by セキュアスカイ・テクノロジー
      【7/11】オムニチャネルの前にセキュリティ問題大丈夫ですか? ~EC運用者に効く、クラウドを活用した安心安全サイトの作り方~
    • ユーザー投稿記事 by インフォキュービック
      2014年7月8日セミナーのご案内【東京開催】 【製造業の経営者様 対象】グローバルサイト構築セミナー 海外からの売上増加のために
    • ユーザー投稿記事 by ソフト産業プラザ イメディオ 教育研修セミナー
      Hideo's Lab 「いつの時代でも本当に役にたつセキュリティの基礎と応用と事例」 7/11(金)大阪南港 イメディオで開催予定
    • ユーザー投稿記事 by 株式会社エイジア
      メルマガ集客における課題・取り組みについて情報交換する 「メルマガ担当者座談会 セミナー集客編」2014年7月29日(火)開催のお知らせ
    • ユーザー投稿記事 by 株式会社フィードフォース
      7/8(火)開催「月商1000万円からの売上拡大NEXT STEP! ECの最新トレンドから構築・集客・決済を完全網羅!」
    • Web担アクセス数上位ランキング
      基本的なウェブ解析で売上40倍に成長、社長とコンサルタントが考えた戦略とは
    • 先週のWeb担まとめ記事
      SEOのエキスパート5人がさまざまな質問に回答「Ask The SEOs」をレポート

    先週のニュース記事 ↑要チェック記事 | ↑セミナー/お知らせ | ↑人気記事 | ↑解説記事

    大手のニュース媒体では紹介されない、ホームページの企画・構築・運営や、ウェブマーケティング関連のニッチなニュース記事ならWeb担で。

    背景色が薄く黄色になっている項目はWeb担編集部のお勧め記事。

    編集後記

    日曜は雷雨で玄関先が水浸しになり、靴を避難させたりと大慌て。駅前のお店では何軒か停電もあったようで、大変な週末でした(池田)

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:社会人に必須の公的統計データ「e-Stat」&「統計メールニュース」 [先週のWeb担まとめ記事] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    0 0

    この記事を読むのにかかる時間: 約 6.5

    自社のサイト運営を任されたものの、どうしても場当たり的な運用になってしまい、「サイトを隅々まで管理しきれない」「うまくCVRを上げられない」「目標を達成できない」そういった悩みを抱えているWeb担当者は多いのではないだろうか。年間500以上の企業ホームページを分析・指導するHARMONY(ハーモニー)の石井氏は、Googleアナリティクスとエクセルを利用し、サイト全体を論理的に改善していく手法について講演した。

    大事なのは「現在あるページをすべて戦力化すること」

    株式会社HARMONY
    取締役
    石井 研二氏

    Web担当者Forumミーティング 2014 Springのランチセッションでは、「誰も教えてくれないWeb管理の実践」と題して、HARMONYの取締役の石井研二氏が登壇した。同社は、ホームページチェックツール「Check Up On」やLPOツール「GoalCreator」など、幅広いツールやサービスを展開し、経営分析・Web分析・データ分析・コンテンツまでバリューチェーン全体をカバーするコンサルティングを提供している。

    石井氏は年間500以上の企業ホームページを分析指導する日本のアクセス解析・サイト運営の草分け的人物であり、本セッションではWeb管理の実践的なノウハウについて講演した。

    まず石井氏は聴講者に「みなさん、自社のホームページが正確に何ページあるかご存じですか」と呼びかけた。把握しているつもりでも、把握できていないページが残っていることはしばしばある。たとえば、前の担当者が不要だと判断してリンクを外してしまったページがWeb上にはそのまま残っていて、Google検索で引っ掛かってくることがある。

    石井氏は、リンクを消されてしまった人気コンテンツを発見し、手を入れて復活させることで人気を博した事例があると述べ、これまで企業が作り続けてきたコンテンツページという“資産”こそWebの大きなパワーになるものだと語る。すなわち、自社サイトにどんなページがあるのかを把握するところが、Web担当者のスタートだと言えるのだ。

    Googleで検索すると、古いニュースリリースやメルマガが上位に出てきてしまうことがあります。ある企業では、Google検索でPDFの古いニュースリリースが上位に表示されてしまい、そこに記載されている内容が、今より機能が悪く、値段も高いことから、ユーザーに直帰されてしまうということが起きました。大切なのは、現在のページをすべて戦力化すること。すべてのページがお客様を出迎えて、一番見てほしいページに誘導することです(石井氏)

    石井氏によると、現在、企業サイトを訪れる際にトップページから入ってくるユーザーは25%程度だという。つまり、トップページのニュースを更新しても25%しか見られない、ホームページに入ってくるお客様にニュースを見せたいなら、アクセス数の上位50位以内のコンテンツすべてにニュースを表示するような仕組みを作る。そうすれば、コンテンツ不足を嘆くこともなくなるというわけだ。

    資産活用することができますか?/トップページ/ニュースリリース/製品情報/メールマガジン/過去のリリース一覧/資産/今見せたい情報/メールマガジンバックナンバー/資産
    リンク切れページや過去のニュースリリースなどの“資産”から今見せたい情報へ、訪問者を誘導する

    “簡易サイト構成表”で、すべてのページの成長や減衰を把握する

    それでは、自社の大量のページをどうやって管理していけばいいのか、石井氏はGoogleアナリティクスとエクセルを使い、実践的なWeb管理を行うための“簡易サイト構成表”作成法を説明した。手順は下記の通りだ。

    簡易サイト構成表の作成手順

    1. Googleアナリティクスを開く
    2. 「すべてのページ」の「セカンダリディメンション」から「ページタイトル」を選ぶ
    3. ページタイトルつきの表になるので表示行数で「5000」を選ぶ。
    4. エクセルにエクスポートする
    5. これをURL順に並べ替えると、「簡易サイト構成表」が完成
    簡易サイト構成表の作成手順
    まず、Googleアナリティクスの左メニューから、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順に選択し、画面中央のセカンダリディメンションから「ページタイトル」を選んで並び変える。

    この表を同様に毎月エクスポートし、URL順に並べ替え、エクセルのVLOOKUP関数でURLと訪問数を突き合わせて、データを新しく加えて更新していく。月の日数が31日だった場合は、30日に換算するなどの調整も行う。

    それを継続的に行うことで、「Zチャート」(数値の変化や傾向を一目で確認できるグラフ)を作成できるのだ。

    Zチャートの作成手順

    1. Googleアナリティクスで現在から2年前までのデータを呼び出す
    2. 2年間のグラフができるので、単位を「日」から「月」に変更する
    3. データをエクスポートする
    4. エクセルで開き、毎月の数字をどんどん足し算し、移動累計をとってグラフ化する。
    5. 毎月のデータがZチャートで蓄積できるため、季節感を排除した本当の流入数の増減を把握できる
    6. その後も毎月データを足していく
    毎月のデータがZチャートで蓄積できる/上線が右下がりでは本当に困る/季節性を排除した本当の増減を把握
    作成したZチャートにより、流入量の変化が一目で把握できる
    B列は、毎月のセッション数を入れる
    C列は、12か月前をゼロとして各月のセッション数を加えていく。C21セルなら“=C20:B21”
    D列は、直近12か月の累計セッション数を入れる。D21列なら“=SUM(B9:B20)”

    これにより、全ページの成長性あるいは減衰率を追いかけていくことができるのだ。また、このZチャートを活用する際に一番大事なのは“活動記録”だ。Googleアナリティクスで管理していても、半年前に何をやっていたのか、覚えていないケースがほとんどだ。それを防ぐため、あらかじめエクセルで記録表を作り、作業を行った「URL」、ページ変更やページ追加、広告出稿などの「作業内容」などをすべて記録しておく。もし人事異動などがあったときは、このファイルを後任に渡すだけで、会社がノウハウを蓄積していくことができるというわけだ。

    活動記録は最も重要なファイル/URLはブラウザ確認時にアドレス欄からコピー/何年分か作っておくとあとがらくらく/エクセルのデータ>入力規則で「リスト」を選ぶとプルダウン入力が可能に
    活動記録をつけておくことで、いつごろに何を行い、どのように流入が伸びたかをすぐ調べられる

    また石井氏は、Webサイトを改善する手助けをするため、同社が開発したチェックツール「Check Up On」も紹介した。このツールを使用して、ある大手企業サイトの1,800ページのコンテンツをチェックしたところ、86万件もの問題点が発見された事例もあるという。たとえば、HTMLの基本的なルールが守られていない、最新情報にリンクが貼られていないなど、その内容は多様だが、これらを修正することでより良質なWebサイトに近づけることができる。

    来てほしい人がサイトに来ていない

    続いて石井氏の話は集客管理に移る。たとえば、総訪問者数10万人のなかで100人の顧客が資料請求した場合、CVRは0.1%となる。この際に、「CVRが低いからフォームを改善すべきだ」という声が上がるのはよくあることだ。しかし石井氏は、訪問者の目的はさまざまであるため、顧客が資料請求にたどりつく過程にこそ手を入れるべきだと強調する。

    そもそも10万人すべてが資料請求を目的にしてサイトを訪れたわけではなく、いろいろな目的をもって訪問しているはず。資料請求ページから確認画面、送信完了までのフォームプロセスにおけるCVRが5~10%あれば、それ以上はフォームの責任ではない(石井氏)

    実測しなければ改善は始まらない/総訪問者数 100,000人/1%/資料請求 1,000人/20%/確認画面 200人/50%/送信完了 100人/10%/悪いところに手を入れなければ/フォームプロセスのCVRが5~10%あればそれはフォームの責任ではない
    CVRが低いのはフォームのせいとは限らない

    ゴールが少ないのは集客の問題も大きい。“来てほしい人”が来ていない状態で適当なSEOや広告を打ち、その結果“来てほしくない人”ばかりが増えているというパターンが非常に多いのだ。

    CVRはだいたい数%で固定されているものだと思い込んでいませんか? 世の中には、CVRがサイト全体で38%という化け物のようなサイトが存在します。総訪問者数、つまり分母を増やすのでは現実的ではない。あらかじめゴールしやすい人を集めれば、フォームを直さなくてもCVRの倍増は可能です(石井氏)

    来てほしい人を増やすために意識すべきは“入り口のキーワード”だ。どういった検索キーワードでユーザーが流入してきているのか、直帰率の低い有効なキーワードはどれかなどを確認し、それらを増強あるいは改善するという作業が重要である。特に注目すべきは直帰率で、このキーワードの時には直帰率が高いなどということがあれば、急ぎ改善すべきだと石井氏は語る。

    Googleアナリティクスで有効なキーワードを調べる方法

    1. 「オーガニック検索」でセカンダリディメンションに「ランディングページ」を指定してエクスポートする
    2. “直帰率”順に並べ替えて色付けする
    3. ページ順に並べ替える
    4. その個々のページに流入するのに有効なキーワードを探す
    Googleアナリティクスで有効なキーワードを調べる方法
    まず、Googleアナリティクスの左メニューから、「集客」→「キーワード」→「オーガニック検索」の順に選択し、画面中央のセカンダリディメンションから「ランディングページ」を選んで並び変える。

    また、流入上位のページに、どのページから流入しているかを調べることも大切だ。ページAから流入した場合には直帰率が高いが、ページBから流入した場合には直帰率が低いという場合には、ページAをまっさきに改善し、ページBにこそSEOや広告を投入して伸ばすべきである。そういった観点で、「直帰率の高い入口」「新規獲得率の高い入口」「CVR率の高い入口」などを個々に確認し打つ手を考えるのだ。上位50ページの改善で、かなりの効果が見込めるという。

    目標の洗い出しと、“打つ手”のプランニングを行う

    石井氏は最後に「目標管理」の重要性について語った。「まず大事なのは、目標をすべて洗い出すこと」(石井氏)だという。

    目標を全部洗い出してみよう/最初は順不同でOK/5つずつ切り良く並べ替え
    CVRが低いのはフォームのせいとは限らない

    まず、ホームページにおいて、達成できたら嬉しいゴールを、100でも200でも、それ以上でも結構ですからすべて完全にリストアップしてください。最初は順不同で結構です。そして、それがどの部署に関わる内容なのか、どの程度重要な内容なのかを社内であちこちに聞いて回り、最終的にGoogleアナリティクスで管理したい20項目をリストアップします。そのままエクセルで“目標管理表”を作り、進捗状況を管理していくのです。Web担当者に協力的な部署の成果が優先的に出るようにがんばって、その成果を横展開していくというのも実践的でしょう(石井氏)

    複数回の施策を打って目標達成を目指す場合は、毎回の目標値をリストアップすることも重要だ。たとえば、最終目標が「あるページの訪問数をプラス1000すること」だとすると、「打つ手1ではプラス600」「打つ手2ではプラス500」「打つ手3ではプラス500」というように目標値を明確に定めておく。この際に、打つ手のいずれかが空振りだったり、期待値の60%しか達成できなかったとしても、全体としての目標が達成できるように多めの値を設定しておくべきだ。もちろん、打つ手が多いほどリスクは分散される。

    こうして目標達成までの道のりを複数回の打つ手に分けて計画し、それぞれの作業時間と、効果が出るまでの時間、着手できるタイミングなどを組み合わせ、目標達成までの時間管理表を作成する。石井氏は、目標達成までを四段階に分けて管理する「四分点管理」を勧める。最初の4分の1の期間ではほとんど効果は出てこず、最後の4分の1で一気に効果が出てくる。この表に予実管理実績を重ね合わせるのがお勧めだ。

    目標達成の四分点管理/作業時間/達成時間/目標達成度の4分点/打ち手1/打ち手2/打ち手3/打ち手4/打ち手5/打ち手6/打ち手7/全体の作業時間/全体の達成時間/作業時間/達成時間/25%/50%/75%/100%/時間の4分点
    目標達成の四分点管理

    最後に石井氏は、「従来の感覚的・場当たり的なサイト運営ではなく、全体を把握して戦力化し、集客からゴールまでの道筋を論理的に構成する本当のWeb管理・運営を実現しましょう」と語るとともに、サイト改善・売上向上に有効なツールとして、同社のASPツール「HARMONY TOOLS」を紹介し、講演を締めくくった。

    この記事の筆者
    藤木俊明
    有限会社ガーデンシティ・プランニング

    http://www.gcp.jp/

    この記事に関連する他の記事を見る

    ※このコンテンツはWebサイト「Web担当者Forum - 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS ユーザビリティなど」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
    オリジナル記事:Googleアナリティクスとエクセルで場当たり的Web運用をステキに改善するコツ/HARMONY [【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Spring] | Web担当者Forum
    Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.


    Warnning: Do NOT Get Caught While Searching!!
    Your IP : - Country : - City:
    Your ISP TRACKS Your Online Activity! Hide your IP ADDRESS with a VPN!
    Before you searching always remember to change your IP adress to not be followed!
    PROTECT YOURSELF & SUPPORT US! Purchase a VPN Today!

older | 1 | .... | 128 | 129 | (Page 130) | 131 | 132 | .... | 851 | newer